涼を求めてぐるぐるサイクリング

危険なほどの暑さがこの3日ほど続いている。

確かに朝から肌を焦がすほどの日差しが降りそそぎ、走っている時はまだ良いが信号待ちで止まると途端に汗が噴き出してくる。

こんな時は涼を求めて走るに限る…。

昨日は川沿いの道を上ったり下りたり約40キロ。

今日は海風に吹かれながらいつもの富士川まで約50キロ。

こんな暑い陽気の下では風に吹かれながらゆっくりとペダルを漕ぐに限る。

そんな場面ではスチールバイクのしなやかな乗り心地が一番似合う。

それにしてもこの暑さは尋常じゃない…常識ある大人なら冷房の効いた部屋でのんびり過ごすに違いない。
走りながら思う「やっぱりアホだなぁ…」