Cycle life,Maintenance

フラットバーに変更したラレーのロードバイク。
訳あってブレーキキャリパーを「効かない!」と有名なテクトロ製に替えてみた。

Cycle life,Maintenance

「三週間に一度はポンプを付けて空気を補充してくださいね…」と自転車の販売時にお客さんに声掛けしている。
しかし、自分が実行できているのかと言えば出来ていない。
だって面倒くさいんだもの…。

Cycle life,Maintenance

フラットバーへの変更が無事に終わり、次なる作業はフロントクランクのシングル化。
もしかしたら、フラットバー化よりこちらの方が今回のモディファイの主たる目的だったりする。

Cycle life,Maintenance

母親の介護中に腰椎の圧迫骨折と人工関節が入った右足を痛めてしまい5月の頭から休職している。

しばらくの安静と休養でだいぶ回復してきたので6月1日から復職する予定ではいるが、腰の違和感と膝のこわばりがまだ強く、復職するにしてもドロップハンドルの自転車では通勤もままならない。
そのため、通勤ロードのラレーを安楽バイクへとモディファイする事にした。

Cycle life,Maintenance

通勤バイクのホイールをハブダイナモ付きの手組みホイールにしてからというもの手組みホイールの良さを再認識し、のんびりツーリング用にホイールを組んでみました。

Cycle life,Maintenance

8月の半ばというのに秋の長雨のような天気で各地で災害が発生し、おまけにコロナの惨禍は縮小どころか拡大の傾向を見せている。

時が平安の世なら「神の怒りに触れた…怨霊のたたりだ…」などと慌てふためいていたことだろう。
正直、科学の発展を見た今日であっても、これだけの行き詰まり感に苛まれると神頼みだけが唯一の解決策に思えてしまう。

まさに世の中は「疫病という魔王」に取り憑かれ、それに伝染するかのように私の自転車もある魔王に取り憑かれてしまった。
そう、パンク魔王が降臨したのだ。

Bicycles,Cannondale CAAD5,Cycle life,Maintenance

夏休み三日目…。
久しぶりにサイクリングに行く予定でいたのだが、明け方から腹の調子が悪くなりとてもサイクリングどころではなくなってしまった。
好事魔多しとはこのことか…

Cycle life,Maintenance,日常

怒涛の四連勤が終わり、少し早い夏休みに突入。
泊まりでの旅行に出られるでもなく、歯医者や床屋に行ったりする以外はいつものように老親の「賄いオヤジ」となって家事をして過ごす。
何だか物足りないけど、それでいいのだ…。

Cycle life,Maintenance

ここ最近、仕事や介護の忙しさで自転車をいじる気力も湧かず、通勤ロードの快適化計画も一時停滞している。
部品は揃っているので、梅雨明け前に仕上げてしまおうと、仕上げとも言えるハブダイナモ化を行った。

Cycle life,Maintenance

ゼファールの泥除けが取り付かず「さて、どうするべ…」となっていた通勤ロードの快適化策第一部…。
行きつけの自転車屋さんからSKSの「レースブレード プロ」を購入し、取り付けを再開した。