あけましておめでとう…2021

大晦日は母に代わってお正月の料理を準備し、程よい達成感と疲労を感じながら迎えた2021年のお正月…あけましておめでとうございます。

お正月と言っても日常とあまり変わりなく、朝焼けに染まる東の空を見ながら洗濯物を干し、あまりの寒さと風の強さに「初サイクリング」を諦め、朝食のお雑煮を作る。

一通り家事を済ませたのち、元旦恒例の「氏神様」への初詣とご先祖のお墓参りに出掛ける。

コロナコロナと騒がれ通しだった昨年。「初詣は分散参拝を…」と言われ、神社も人出は少ないであろうと思いきや、予想に反して人がいる。

とは言っても、私を含め総勢6人程度なので「密」とは程遠い…。
家族全員が無事に一年を過ごせた事へのお礼と、今年一年の健康と幸運をお願いし、破魔矢を買って神社を後にしお寺へと向かう。

ご先祖のお墓に手を合わせ、強風に悩ませられながら灯した線香の香りを嗅ぎながら、こちらでも昨年の無事と今年の健康と幸運を願う。

大きな幸運でなくていい、日常のありふれた幸運…両親が健在で食いっぱぐれが無く、健康な笑顔で来年の正月を迎えられる一年であってほしい…ただそれだけ…。

そう思もいながらも煩悩に流されやすい私…。
日常の中でいろいろな欲が出て「あれが欲しい…これが欲しい…」となり人生を狂わせてきた。
初心忘れるべからず…元旦の思いを忘れずに今年は過ごしたい。

風は強く体の芯から冷えてしまう厳しい寒さではあるが、静かで穏やかな始まりとなったこの年明け…

新型コロナは更に猛威を振るい、これまで当たり前だった生き方を更に見直さざるを得くなるであろう今年…。

私は新しい職場で新しい人生を踏み出す事となる今年…。

私もだけでなく世界中の人も転換点を迎えることが予想される今年…。

いったいどんな年になるだろうか…。
良い意味でも悪い意味でも「ワクワク」が止まらない。