くよくよしない

2019年5月19日

交通事故・入院手術などの不幸が重なりこうなったのは仕方がないとは思うが、50歳を過ぎての再就職は本当に厳しい。

「障害者」「介護が必要な親の存在」「50過ぎの年齢」と、ヘレンケラー顔負けの三重苦を抱えての就職活動をしていると、全人格まで否定されるかのような塩対応を受ける事もあり、この世には神も仏も無いものかと嘆きたくなる。

しかし、物は考えよう…。

塩対応しかできない所は、そこがいかに素晴らしい会社であったとしても、のちのち自分が苦労するだけだったと思えば諦めがつく。
また、「お祈りメール」を送るような会社は見る目の無いダメ企業だと考えれば溜飲が下がる。

「次は決まるか…」と期待して面接に臨んでも「これからをお祈りいたします」なんぞという手紙が来るとホトホトがっかりするが、「別にアンタなんかにお祈りされる筋合いじゃないわ!」と頭を切り替えないとやってはいられない。

ただねぇ…個人情報だから履歴書は返してほしいよねぇ…。

Essay

Posted by chariketta