目指せ!!美文字

2019年5月19日

日ペンの美子ちゃんで有名な「がくぶん」から、白いこじんまりとしたダンボールの箱が届いた。

履歴書に書かれた自分の字の余りの汚さに、ただでさえ低いプライドが「劣等感」にまで近いレベルに落ち込んでしまい、「目指せ!美文字」とペン習字の通信講座に申し込んだのは先日のこと。
申し込みから一週間経たずして、テキストやら何やらと、美文字になるための資料が一式届いたのだ。

日ペンのがくぶんを始め、ユーキャンやヒューマンアカデミー・公文など、様々なペン習字講座があるが、なぜ「がくぶん」を選んだのか…。

日ペンという長い歴史もさりながら、見本の字が私の感性に一番合った事と、やはり、幼少期に刷り込まれた「日ペンの美子ちゃん」の印象があったからだろう。

とにかく、5冊近くあるテキストは親切丁寧だし、聞くところでは添削も丁寧らしいから選んで間違いはなかったと思っている。

いまさら「美文字」という高望みまではしないが、少なくとも、これから出席する事が多くなるであろう葬式(結婚式でないのが悲しい…)の香典や芳名帳に、恥ずかしくない字で名前と住所が書けるようになればいい。

早速、第1回目の課題である「住所と名前」を課題提出用紙に書いて提出した。

練習帳にただひたすら文字を書くだけでなく、自分の住所と名前を書いて添削してもらえるのも「がくぶん」のペン習字の良い点かもしれない。

さあ、毎日30分。がんばるぞ!

Essay

Posted by chariketta