なめていた…

2019年5月19日

夏休み期間中の新幹線をなめていた…

海へ山へ故郷へ…と、多くの人が日本列島を行き交う夏休み。
何の因果か研修という事で東京まで行ってきた。

人混みに苦手意識があることもあって、これまでお盆期間に新幹線を利用する事はなかった私。
知らないということは恐ろしいもので「こだまなら座れるだろう…」とタカをくくっていた。

とんでもない!

座れるどころかデッキで立ちっぱなし…。
子供は泣きわめくし、その母親らしき女性はイライラするし、停車の度に大きなケースをゴロゴロさせた人に体をぶつけられ痛い思いをするし…。

研修の疲れと人混みの疲れで、家に帰りついた時は疲労困憊…。
東京駅で買った崎陽軒(なぜか横浜土産を買う…)の封を開けずに寝てしまった。

また、この17日に新幹線に乗らねばならない…。
躊躇うことなく指定席に座席変更したのは言うまでもない。

 

Essay

Posted by chariketta