毘沙門天まで

家から旧国道一号線をひたすら東進し、一時間半でどこまで行けるか試してみた。
信号待ちなどを含めて一時間半なので、それほどの距離は稼げないだろうと思ったのだが意外にも走れるもので、富士市の東側に位置する「毘沙門天(妙法寺)」までたどり着いた。

旧正月に開かれる毘沙門天大祭…別名だるま市には大賑わいの境内だが、この連休中は閑散としたもので、私を含め5人程がお参りをしているのみ。

家族の健康と私の体の平癒をお願いしたあと、御朱印をお願いしのんびりと境内を散策する。
ひっそりとたたずむ夫婦の石仏にそっと手を合わす。

ここまで32キロあとは自宅を目指し戻るだけ。
しかし、毘沙門さまが与えたもうた試練か、強まった西風がたるんだ体と気持ちに容赦なく襲いかかる。
ヘロヘロになって家に到着…そして、その後はレーパンを洗濯した後、縫い目が解れてきたシャモアを縫い合わせている。
これもまた、毘沙門さまの試練なのか…。
本日の走行距離…62.84㎞

Chain Reaction Cycles