ドナドナ…

自転車を整理する予定だと、先日のブログに書いた。

悩み抜いた結果、5台あるうちの2台を整理することに決め、キレイに磨いたあと丁寧に梱包して送り出した。

チネリとビアンキ…

いずれも思い出が詰まったバイクだが、チネリはここ最近乗る機会が減り、ビアンキは三本ローラー専用バイクに成り下がっていた。

乗らずにいるより誰かしらに乗ってもらった方がいい…。

そう言い訳しながら手を動かすが、本当は嫌で嫌でしかたがない。
しかし、足の障害が悪化した事と家人に自転車の整理を約束した手前「やーめた…」と言うわけにはいかない。

でも…本当に嫌だ嫌だ…。
こんな別れかたをするのは本意ではない。
ごくろうさん…と言える形で別れたかった。

自転車ごとき…相手はただの「モノ」にしか過ぎないが、過ごしてきた時間のぶんだけ思い出がある。
「たかが自転車…されど自転車…」なのだ…。

いい人に乗ってもらえるように…と祈りながら、トラックに積み込まれる自転車を見送った。

Chain Reaction Cycles