リアライト

ヘッドライトは結構の人が気にしているようだけど、リアライトは意外とおざなりにされているような気がする。

日々、トレーニングとダイエットを兼ねてロードバイクに乗っているが、リアライトを装着し、点滅なり点灯させて目立つ事で、予想以上にドライバーに対する注意喚起に役立っているのを実感する。

私が使っているのは、自分の会社で輸入している「USB 充電式のリアライト」

一応、防水仕様とメーカーではうたっているが、正直なところ「少々の雨では壊れません…」程度の防水で、本格的な雨での使用は「?」が付く代物である。

とはいえ、明るさは絶品と言えるほど明るく、真っ昼間であっても結構目立ち、ライトをつけていることで追い越す車と私との間隔に明らかな違いを感じるほど、訴求力は抜群だ。

しかし、それだけ明るいという事の裏返しで電池のもちがあまり良くなく(点滅で8時間ほど使えるが…)、長時間のライドだと途中で消えてしまう可能性がある。

そこで、ブルベライダーの間でも評価が高い「キャットアイ OMNI 3 Auto」を予備として追加装着することにした。

この「OMNI 3 Auto」は暗くなると自動的に点灯する仕様で、点滅の充電式ライトと合わせて使う事で、トンネルや夜間でより車に対する訴求力を発揮することだろう。

過去に交通事故に遭い、いまだにその後遺症に苦しめられている私にとって、安全に対する意識は人並み以上に高い。

あの時こうしておけば…と思うなら、今してしまえばいい…

リアライトで目立つ事は、自分の安全を買うことでもある。

Chain Reaction Cycles