リカバリー富士川

2020年2月3日

リカバリー走ってやつ…
昨日の疲れを引きずりながらノソノソと布団から這い出し、午前中のひと時、いつもの富士川まで走りに行ってきた。

のんびりと走って体力回復(リカバリー)に努めようというのが本日のミッション。

心拍数がゾーン3を超えないように…と走り出すものの、Polarのサイコンが心拍数を表示しなくなってしまい、心拍数がどうなのかわからない。
どうやら腕にはめている「VantageM」とサイコンが干渉してしまい不具合が生じている様子で、走り出した今となってはどうすることもできない。

心拍数がわからないと思いのほか心拍が上がってしまいリカバリーにならない…。
まあ、しかたないか…。

興津から由比に入り、入山からちょっとした坂を上る。
北から吹き付ける強めの風が抵抗となり、リカバリーの予定がトレーニングになってしまう。

本末転倒…。

適当な場所で折り返し、富士川のミニストップに向かう。
ここでコーヒーを飲みながら「富士市の広報誌」を読む。
ゆっくりとチョコレートとコーヒーを味わいながら汗が引くのを待つ。
介護に追われていると、こんな時間が貴重な至福の時になる。

のんびりと心も体も一休みしたあと、往路とは打って変わった追い風の下ペダルを漕ぎ出し自宅へと戻る。

いつもの富士川看板で写真を撮る。

今日も富士山がきれいだ。

復路は心拍を上げずに、追い風の力を借りてそこそこのペースで走り、約50キロの工程を休憩込み実質2時間半で走りきってこの週末のサイクリングは終了…。

思い通りに疲れは取れなかったが、清々しく晴れ渡った空の下気持ちよく走ることができた。