妄想サイクリング

全国に緊急事態宣言が発令された最初の週末。
「コロナよ流れ去れ…」と願いたくなる土砂降りという事もあって、外でのサイクリングは無し。
その代わりに、晴れてコロナ禍終息となった暁には実行したい「ビワイチ」の妄想サイクリングをしている。

静岡からビワイチを始めるなら米原か守山を起点とするのが無難な選択。
新幹線なら米原。自動車なら守山のいずれかだ。

瀬田の唐橋を含んだフルビワイチなので、走行距離は約200キロ。
数年前なら一日で周れたであろう距離かもしれないが、今はとても無理…。

というより、せっかくのビワイチだからゆっくりとその土地の美味しいものをいただき、趣味の御朱印も集めたいではないか。

一泊二日で周るならば、近江舞子か大津辺りが宿泊地となるだろう。
じゃらんのサイトから宿を検索…様々な宿がヒットし妄想が広がる。

あぁ…いつになれば外出自粛によるひきこもり生活から脱却でき、大腕を振ってサイクリングできるようになるだろうか…。

つい2ヶ月ほど前までは世界中がこんな状況になるとは想像すらしていなかった。

追伸…
主に三本ローラーで運用している自転車のタイヤを交換した。

トレッド面の減りは殆ど無いが、接地面の狭さからくる変形ののためか、ひび割れが目立っていた。

タイヤはwiggleのプライベートブランド「Lifeline」の格安タイヤ。
これで十分。