自転車整備と読書の日

5連休の最終日。
朝から今ひとつ冴えない天気と、明日からの仕事に備えて英気を養いたいこともあって、今日は終日自転車整備に費やすことにした。
綺麗な自転車は好きですか…。

最近は「ディグリーザー」なるモノが普及しているが、私は昔から灯油を使っている。

乾きの悪さと独特の臭い、そして使用後の処理については手に余るものがあるが、チェーンの浸け洗いにおいて、洗浄力そしてコスト面でこれに勝るものは無いと思う。
ただ、積極的に他人には勧めない。

チェーンとスプロケットをキレイにしたついでに、爆音を発するようになったフリーボディーも洗浄の上グリスアップする。

グリスは切れていないものの、黒く変色してしている。
劣化の程は不明だが、2000キロほども走っていれば決して良い状態とはいえないだろう。
フリーを抜いてみて正解だった。

あとは、ハブのグリスアップまで手を付ければ完璧な整備といえるのだが、面倒くさいしホイールの回転もスムーズで好ましい状態なので後日の課題にする。

ホイールを収め、チェーンを繋ぎ油を差し、全体を「ユニコーン・カークリーム」で磨き上げて作業完了。

その後はのんびりと読書の時間。
これもまた自転車関連。

自分で言うのも何だが、自己啓発本でも読めば人生に厚みでも出るのだけど、難しい本だと最近はすぐに眠くなっちゃう。

まあ、日がな一日自転車三昧…これまた楽しい。

さて、明日から仕事。
次の連休は9月の予定。それまでにコロナ騒ぎが落ち着いてほしい。
そうすれば念願のビワイチを決行できる。