メラトニンのサプリを飲み始めた。

介護休業が終わって約半月。
仕事と介護の掛け持ちな忙しい日々が続いている。

暇で時間を持て余すより、バタバタと忙しいぐらいの方が親の介護で思い詰めずに済むのかもしれない。

さて、ストレスが溜まると睡眠に影響を受けやすい私。
介護休業前に精神的な疲労に悩まされた時も、寝つきが悪い、夢見も悪くと睡眠の質の低下に悩まされた。

医者から処方される睡眠薬や市販の睡眠改善薬に頼れば眠ることはできるが、薬で強制的に眠らせる不自然な眠りは、目覚めが悪かったり悪夢を見たりとかえって体が疲弊してしまう。

何とかならないものか…と思い巡らしていたら、海外では睡眠薬代わりとして飲まれる事が多い「メラトニン」があることを知り、「iHerb」から取り寄せてみることにした。

メラトニン…簡単に言えば睡眠を司るホルモン物質。
これが体内に放出されることで眠くなり、眠りの質も左右する。
要はこのホルモンを飲めば眠くなるじゃない!ってわけなんだが、日本では医者の処方が無ければ入手できない。
だから、個人輸入…海外通販ってことになる。

発注から2週間弱で到着。
早速封を開けサプリメントの確認。

海外のサプリに見られる「これって座薬?」って見紛うようなものではなく、至って普通のカプセル。

寝る前30分ほど前に服用する。

睡眠薬のようなスイッチが切れるような眠気ではなく、ごく自然な「眠くなってきたな…」って感じの眠気に包まれる。

ただ、気をつけなければならないのは、眠気の持続時間が短いため、スマホやテレビを見ていると眠気が引いてしまう。
そのため、さあ寝るぞ…と寝る環境を整えてから服用しないとせっかく飲んだメラトニンが無駄になってしまう恐れがある。

今回、30mgのメラトニンを購入したが、この程度なら翌朝に眠気を持ち越さずに、気持ちよく目覚めることができる。
この目覚めの良さは睡眠薬にない利点だ。

メラトニンサプリを飲み始めて2週間ほどが経過している。
飲み始めの数日は1カプセルでは眠れず2カプセル飲めばぐっする眠れるものの2カプセルでは目覚めが悪かったりと、なかなか自分に合った容量が見つからなく困惑したが、現在は1カプセル(30mg)飲めば眠りも寝起きも体調も好ましい形で過ごせている。

できればサプリであれ何かしらの力に頼らずぐっすりと眠りたい。
しかし、加齢には抗えない。

私にとっての根幹となる「睡眠」
これを死守することで介護であれ仕事であれ乗り越えられる…と思う。
メラトニンは私にとってのライナスの毛布となってしまうかもしれない。

 









その他

Posted by chariketta